オンライン製品カタログ
HOME  > ウミホタルの発光 SK-12 (およそ0.7g)

理科・総合教材

ウミホタルの発光 SK-12 (およそ0.7g)

22382-000 (SK-12)  ¥5,000 (本体価格)
約0.7g
1びん
ウミホタルを乾燥した状態で保存したものです。発光は実験開始後すぐに、肉眼で確認することができます。

ウミホタルを乾燥した状態で保存したものです。発光は実験開始後すぐに、肉眼で確認することができます。*保存は要冷蔵

発光のしくみ酸素・ルシフェラーゼの作用によって、ウミホタルの上唇部にある発光腺から分泌されるルシフェリンが酸化され、この時の化学エネルギーにより発光します。

ウミホタルは他の実験材料(ホタル、発光バクテリアなど)に比べ非常に明るく発光し、発光実験に大変適した材料です。酵素、ルシフェラーゼの作用によって、ルシフェリンが酸化され、その時に発生した化学エネルギーにより発光します。発光効率は約
97%と高く、熱の発生もほとんどありません。
      
            1      ルシフェラーゼ
 ルシフェリン + ─ O₂ ――――――――― 酸化ルシフェリン + 光
            2   H₂O

PDF
PAGE TOP