オンライン製品カタログ
HOME  > DVD 人体の構造と機能 第5集 全4巻

視聴覚機DVD

DVD 人体の構造と機能 第5集 全4巻

12979-630 (DVD)  ¥128,000 (本体価格)  2-T-0  制作:2017年
監修・指導:
名古屋大学大学院 医学系研究科 基礎・臨床看護学講座 山内豊明教授  

DVD 
各巻:\32,000(本体価格)

人体」の最も基礎である「人体の構造と機能」について山内豊明名古屋大学教授監修指導により、全20巻にまとめた第5集の全4巻です。

本映像教材では、看護を志す方に向けて、教科書ではわかりにくい所を、豊富な画像やイラストで解説します。人体の構造を示す図は、必要最低限の細かさで表現し、実物や模型を見せ、説明は簡略化した3次元のCGを中心に使用しながら、難しいイメージを抱かせず、人体の機能に興味を持たせます。
また、看護職のみならず、コメディカルに従事する人にも、基礎となる人体の構造と機能は、必要不可欠な学習内容となっており、授業等での予習・復習時、医療・看護現場での実践技術に忘れていた基本を振り返り学習するためにも利用できます。
看護師国家試験出題基準の人体の構造を機能の大項目の中から13項目を網羅し解説します。

【構成】
■第14巻 運動系〔1〕 骨格系 [26分]12979-640
「動物」である私たち人間には「動きまわる」という能力が備わっています。この「動き回り」を発揮するためには運動系というシステムが不可欠です。
運動系には動く体を構築する「骨格系」と、実際の動力を提供する筋系があります。
ここではまずそのうちの骨格系について学習していきましょう。

■第15巻 運動系〔2〕 筋系 [23分]12979-650
「動物」である私たち人間には「動きまわる」という能力が備わっています。この「動き回り」を発揮するためには運動系というシステムが不可欠です。
運動系には動く体を構築する「骨格系」と、実際の動力を提供する筋系があります。
ここではまずそのうちの筋系について学習していきましょう。

■第16巻  感覚器系 [40分]12979-660
人が意思を持って「暮らして」いくためには、周りを把握し、それにより判断を行い、周りに働きかける、という一連の営みが不可欠です。
ここではまず「周りを知る」仕組みについて、その構造と機能について学習を進めていきましょう。

■第17巻  内分泌系 [26分]12979-670
生命体は常に周りの環境との調和を取りつつ同じように状態を維持しつつ過ごさなければなりません。
それを恒常性の維持、ホメオスタシスといいます。この恒常性を維持するためには生体内に情報伝達の仕組みが不可欠です。
それには2系統あり、電気信号で伝える「神経系」と化学物質を介して伝える「内分泌系」です。
内分泌系では目的に合わせた化学物質がそれぞれあり、それらを総称して「ホルモン」といいます。
ここでは各ホルモンの作用とそれによる調整について学習していきましょう。

PAGE TOP