オンライン製品カタログ
HOME  > DVDで学ぶ 介護職のコミュニケーション技術  利用者とかかわるスキルの習得と実践

視聴覚機DVD

DVDで学ぶ 介護職のコミュニケーション技術  利用者とかかわるスキルの習得と実践

12977-410 (DVD)  ¥16,000 (本体価格)  制作:2014年3月
監修:飯干紀代子(志學館大学 人間関係学部 心理臨床学科 教授)
協力:社会福祉法人新生寿会 小山倶楽部

DVD+資料
83分

高齢者の多くは、聴力、視力、記憶力が低下し、コミュニケーションに不自由を抱えています。
本DVDでは、実際の生活場面に沿って、介護職が利用者とよりよいコミュニケーションをとるための具体的なスキルを紹介します。

****************************
はじめに(付属の資料(DVD解説)より)
****************************

利用者との関係づくりは、すべての介護活動の基本です。利用者とどのようなコミュニケーションをとるかは、関係を築くための重要なポイントです。
コミュニケーションには、言葉を使ってやりとりする言語的コミュニケーション、表情やジェスチャーやなどの言葉以外を使う非言語的コミュニケーション、声色や話す速さなどの準言語的コミュニケーションの3つがあります。そのどれもが利用者とのコミュニケーションで重要な役割を果たします。
高齢者の多くは、耳が聞こえにくい、視力が落ちて文字が見えづらい、記憶力が低下するなど、コミュニケーションに不自由を抱えています。これらの症状の特徴を理解し、それぞれに有効なコミュニケーション手段を使うことが大切です。
本DVDでは、実際の生活場面に沿って、より良いコミュニケーションの具体的な手立てを紹介します。気任蓮⇒用者の1日の生活の流れに沿って、起床、食事、レクリエーションなど7つの場面をとりあげ、場面に応じた利用者とコミュニケーションの方法を紹介します。兇任蓮高齢者に多くみられる難聴、失語症、構音障害など5つのコミュニケーション障害をとりあげ、症状の特徴に応じた効果的な対応を学びます。
 より良い介護を目指して、日々努力を続ける介護職にとって、本DVDが利用者との豊かなコミュニケーションの手助けになることを願っています。


監修者



【構成】
祇験莨賁綿未離灰潺絅縫院璽轡腑
(1)起床
(2)食事
(3)日常会話
(4)個人的な相談
(5)レクリエーション
(6)入浴
(7)就寝
蕎祿科未離灰潺絅縫院璽轡腑
(1)難聴
(2)失語症
(3)構音障害
(4)視覚障害
(5)認知症

PAGE TOP