オンライン製品カタログ
HOME  > DVD 神経内科学臨床検査シリーズ 全5巻 

視聴覚機DVD

DVD 神経内科学臨床検査シリーズ 全5巻 

12977-100 (DVD)  ¥175,000 (本体価格)  制作:2015年
総監修:水澤 英洋 国立精神・神経医療研究センター病院 病院長/東京医科歯科大学 名誉・特命教授

DVD 
各巻¥35,000 (本体価格)

まず神経内科(学)の由来と歴史を紹介してから、神経内科的な診察のエッセンスを分かり易く説明。
脳波、末梢神経伝導速度、脳画像の検査について、分かり易く解説。

■第1巻 神経内科学とは 12977-110 [36分]
 この巻では分かりにくいと言われる「神経内科」あるいは「神経内科学」について解説します。
前段ではまず、その名称の由来から定義までを説明します。次に神経系の特徴、神経疾患の特徴、日本神経学会の歴史にも言及します。
後段は、神経疾患の診断と治療の進め方について、代表的な疾患を取り上げ、解説してゆきます。

■第2巻 神経放射線学的検査 12977-120 [51分]
神経放射線画像の簡単な原理と、その読影法について解説します。特に教科書では困難な多数の画像の中から病変を検出することに重点を置いて、実際の画像を見ながらポイントを解説します。各検査の特徴(長所・短所)、各撮像法の見分け方、MRI読影手順、中心溝の同定の仕方等々から診断と治療で注意すべき点を余すことなく網羅しています。

■第3巻 脳波検査 12977-130 [32分]
脳波は非侵襲的・客観的・連続的・継時的かつ簡便に大脳機能を評価できる検査です。
しかし、それを読めるようになるのに近道はありません。たくさんの脳波を読んで視覚的なイメージを蓄えることが重要です。
視覚的イメージを蓄えるということは、たくさんの脳波を指導者と一緒に読んでゆくということです。
このDVDでは、とにかく多くの脳波を読み込んでゆきます。

■第4巻 針筋電図検査 12977-140 [38分]
針筋電図検査の原理および実技、実際の活動について見てゆきます。針筋電図検査とはどんな検査で、それによって何が分かるのか、針筋電図検査の概要について解説します。また、実際のモデルを使った検査の風景、安静時活動(正常と異常)、随意収縮時活動(正常と異常)をそれぞれ供覧します。

■第5巻 神経伝導検査 12977-150 [20分]
最初に、神経伝導の原理・メカニズムをCGを使って解説します。次に正中神経を例に運動神経伝導検査、F波の観測、感覚神経伝導検査の実際を詳しく見てゆきます。後段は尺骨神経、橈骨神経、脛骨神経、総腓骨神経、腓腹神経の検査を順を追って説明し、最後に反復刺激検査の実際を解説します。

PAGE TOP