オンライン製品カタログ
HOME  > DVD 介護における医療・リハビリ対応基礎シリーズ 全6巻

視聴覚機DVD

DVD 介護における医療・リハビリ対応基礎シリーズ 全6巻

12976-050 (DVD)  ¥120,000 (本体価格)  F2-T-0  制作:2014年
[監修・指導・出演] 竹井 太 医師 うむやすみゃす ん診療所 院長 
[企画・制作] 株式会社ジャパン通信情報センター

DVD
各巻¥20,000(本体価格)

医療と介護は深く結びついてるとはいえさまざまな課題を抱えている。この教材は、医療と介護の違いを鮮明にしながら、その連携を深めるために、介護者が発想し、実践していく基本的な思考方式・実践方式を提示している。

【対象】
介護する人たち・介護家族・在宅訪問ヘルパー・介護施設介護職員・ケアマネージャー

【構成】
11976-060 第1巻 価値ある介護をめざして(約21分)
受け入れてもらう時間/医療時間の制限/時間をかけた介護情報/医療者とつながっての介護/家族とのコミニケーション/家族サポートコミニケーション/共感する/介護は生活支援/人それぞれ、違いを知る/コミニケーションツールと世代ギャップ/同じ場面を共感していく/仲間に入れてください/よく話のできる第三者、本音を打ち明けられる人/冗談の中に本音がある/時間をかけなさい/自分を知り、心を開く


11976-070 第2巻 実践的健康介護(約26分)
普段との違い/医療と介護には対応に違いがある/介護は変調を長いスパンで/自分の命は他人任せにしない/介護医療のキヤッチボール/気がついたらドクターが頭の上に/もしかして早期発見に/目先の介護から幅を広げる/助けてくれないかな、お医者さん/見えない壁がある/介護現場の医療相談ニーズ/介護情報をよりよい医療に、ギブアンドテイク/家族に正確な判断情報を/透明な壁づくり/プロとしての自分の懐を深める/広いスパンでものをみる/メンタルケアを忘れずに

11976-080 第3巻 高齢者の心と体をつつむ(約16分)
身体能力と心の変化/そのままのその人/病気なのか加齢なのか区別のない介護・歳をとってくるとこんな風に変わっていくんだ/何が知りたいか声を出す/介護は生活を楽しむところに重きを置く/細かな変化情報を/現場からの情報、患者さんと医師との言葉の中のギップを埋められる/長いスパーンでの情報を/自分の能力が落ちてきて小さくなってしまう人/頼むね、俺たちはこれをするよ/メンタルサポートの大切さ、ハグ・アンド・キス/情報の共有

11976-090 第4巻 わかりあえる医療と介護(約25分)
全体像を知り、情報を共有する/その人の全体像を共通認識に/介護の違いを乗り越えて/医療との連携を強めて、立体的な介護を目指す/医者と介護者がお互いに遠慮/ご本人の状態を共有/小学生でもわかる言葉で/あの人はDMだから/自分自身の歳のとり方を知らない人がいっぱい/老化は病気ではなく生理現象/経験と知恵でスキル/社会ニーズにあった情報を/オーソドックス方式も習得/これちょっとおかしいんじゃないか/介護実践のため本を開く/まず目次を

11976-100 第5巻 介護の緊急対応と医療(約27分)
準備が大切/既にあるもの、偶発的なもの/介護医療の限界性/そこに行かないために/安全が前面に/咳き込むこと、咽ることの効用/本人と第三者との生き方の違い/家族だから許される医療行為/家族とのコンセンサス/危険度のグループ分け介護/みんな一緒/危険管理とリスクマネジメント/まず深呼吸を/マニアルを身につける/プロとしてのスキルアップ/心肺蘇生法を実践的に習得/命ありき/じいちゃん、ばあちゃんを助けたい/介護のプロとして自立する/医療パワーの活用/地域で緊急の介護パワーアップを

11976-110 第6巻 リハビリ基礎と介護実践(約28分)
機能回復、向上を目指して/生活そのものがリハビリ/いやだ85にもなって訓練しなきゃあいけないんだ/リハビリはこうあるべきだ/リハビリのひとり歩き/リハビリ捉えなおす/リハビリの多様化/相手を感じて共感する/介護のプロとしての存在価値/家族へのアプローチ/家族の不理解と不統一/家族の介護力とリハビリ力/生活そのものがリハビリ/バリアアリーの発想


PAGE TOP