オンライン製品カタログ
HOME  > DVD 聖路加ジェネラル 内分泌疾患 上巻

視聴覚機DVD

DVD 聖路加ジェネラル 内分泌疾患 上巻

12974-620 (DVD)  ¥22,500 (本体価格)  1-T-5  制作:2011年
講師:出雲 博子 氏 (聖路加国際病院 内分泌代謝科 部長)

DVD 75分
図書館・公共機関用

発見が遅れがちな内分泌疾患―この目のつけどころで正しく診断を !

目指せジェネラリスト!総合内科医として身につけておきたい専門領域の診察指針やピットフォールを聖路加国際病院の各専門医が指南。

【収録内容】
第1回「脳卒中から自殺未遂まで」
内分泌疾患は発見が難しいと言われています。それは、ホルモンを産生する場所に症状が現れるとは限らないからです。他の疾患と間違って診断をされて、発見が遅れることもしばしばあります。

まずは、次の症例の状況からどのように内分泌疾患を見つけ出せるかを考えてみてください。
・朝、床に倒れているところを家族に発見された女性は、右足に麻痺もあり、脳梗塞疑いで入院した。
・呼吸苦と下肢の浮腫で内科を受診した女性は、心不全疑いでラシックス静注し、帰宅した。
・周囲とのトラブルが多く、自殺未遂まで起こした女性は、動悸、胸痛で検査を受けたが、問題なく、経過観察になった。

ここでまず重要なのは問診です。内分泌疾患の症状は、なかなか患者自身が訴えることがありませんから、積極的に訊くことが診断の第一歩です。
問診の際、どのような症状から疑うのか、どのような手順で診断するのか、どのような治療をすればよいのかを、症例をもとに具体的に解説します。

第2回「消化性潰瘍、高血圧、便秘から見つかった内分泌疾患」
「ある女性患者は、10年前からさまざまな症状に悩まされ、入退院を繰り返していた。
大腿骨頚部骨折をきっかけに骨粗鬆症の検査を受けたところ、副甲状腺機能亢進症と診断。結局、10年間に発症した消化性潰瘍や膵炎は、副甲状腺機能亢進症による高カルシウム血症が原因だったことがわかった」

副甲状腺の異常を見つけるためには、カルシウムを測るのが最も簡単な方法です。ところが、一般の健康診断の項目にカルシウムが入っていることは少ないようです。アメリカでは、カルシウムを標準的に測るようにしてから、副甲状腺機能亢進症が7倍も多く見つかったというデータがあります。副甲状腺異常を発見・治療するための勘所を解説します。

第3回「あなたのせいではありません」
第3回は甲状腺機能低下症について解説します。第1回の甲状腺機能亢進症と同様に、重要なのは問診です。

「禁煙したら太ってキーボードが打てなくなった男性」、「言葉がはっきりしなくなったアルコール性肝障害患者」、「両手にしびれが出てきた欝患者」など、今回はさらにバラエティに富んだ症例が出ますが、このような状況から、内分泌疾患をどのように見つけ出せばよいでしょうか。
特に、最近急増しているうつなどの精神疾患の中にも内分泌疾患が隠れている場合があります。どのような症状から疑うのか、そして診断の手順、治療法について症例をもとに具体的に解説します。

PAGE TOP